理事長、校長挨拶

ごあいさつ

理事長 魯林(ろ りん)

 信男教育学園は、2010年中国を代表する国際都市上海に「将来国際社会で活躍し世界に貢献するエリートを育成する」を教育目標に掲げ、文来高校国際部日本コースとして創立されました。生徒は毎年、100%のビザ取得及び100%の進学率を達成して北海道から九州の姉妹校に留学し、姉妹校での高校生生活を経て、希望する大学に進学しています。
 本学園では、日本の大学への進学を希望する生徒の進路目標を達成するため、日本のカリキュラムに基づく日本人教師よる授業を行なうとともに、掃除の励行、躾け徹底など道徳心の涵養に努め、人間教育を主とした「日本流の学校づくり」を進めています。
 本学園の特色の一つに、日本への「修学旅行」があります。「修学旅行」は本学園の必須科目であり、毎年北海道から九州各地の姉妹校を訪問し、心温まる交流を行っています。修学旅行は見聞を広めるだけでなく、交流をとおして多くの出会いと感動が生まれ、日本への留学を目指す生徒にとって素晴らしい体験となっています。
 本学園では今後も「国際的視野に立つ新時代のエリートの育成」を教育理念として、生徒一人ひとりの個性と能力をふまえた教育方法の創造に努め、生徒たちが知恵と勇気をもって自らの夢の実現に挑戦し、世界を舞台として活躍することができますよう尽力して参ります。

校長 藤野 重雄

 あらゆる分野でグローバル化が急速に進む中、異なる国の文化、歴史、思想などをお互いに正しく理解し、認め合い、尊重し合うことが従来にも増して必要となっています。信男教育学園は、日本への留学を志す中国の高校生のために開設された学校であり、生徒が日本で生き生きとした学校生活を送ることができるよう、生徒の学力の充実を図るとともに、人間教育にも力を注いでいます。
 私はかつて「学校の条件」について、次のように示唆されたことがあります。「学校は争いごとのない静かなところであり、神聖な清められた場所であること。そして、教える内容をマスターし、教える生徒をよく知っている専門家が教えるところであること。学校は一生の友達に出会える場所であること。」さらに、「学校は社会的に認められた立派な先生に出会えるところであり、その先生は、伸びゆく生徒たちを、人生の何ものにも代えることができない喜びとしていること。」
 言うまでもなく、師弟の出会いはまさに「一期一会」です。学生にとっては一度きりの学校生活。希望に燃えて入学してくる多様な生徒たちの状況を踏まえ、私たちは絶えず『目の前の生徒のために何ができるか』を自問自答しながら、取り組んでいく必要があります。
 今日本では「高大接続改革」の進展に伴い、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて授業改革が進められています。本校におきましても、授業方法の工夫・改善等に積極的に取り組み、生徒が日本留学を経て国際社会で活躍することができるよう取り組んで参ります。

クリックするとGoogleマップが開きます

お問合せ・ご連絡窓口 信男教育学園 九州連絡事務所
〒813-0035
福岡県福岡市東区松崎3-19-12
TEL:092-287-8081