最新情報

信男提携校深圳三高国際部日本コース 「豆まき」を通して日本文化を感じる

投稿日:2021年12月28日 更新日:

2021年が終わりを告げ、新年が近づいてきました。 信男提携校である深圳三高国際部日本コースでは、日本人教師が1年生を対象に伝統文化に関する特別授業で、「豆まき」という伝統行事を行いました。

日本人教師が手描きのお面をかぶって「」に扮し、生徒たちが手にした大豆で攻撃して追い払うなど、日本伝統文化の魅力を体感しました。 また、来年度の生徒の健康や学業成就を祈願するものであった。

-最新情報

関連記事

日本文化教育連盟 jcef 主催 第2回講演会を実施

日本文化教育連盟主催の「第2回講演会」を実施致しました。今回は、東京女子学園高等学校の河添健校長先生から【日本の若者の昨今】についてデータを用いて、分かりやすく日本の経済や中国の経済について、そして、 …

在上海日本国総領事館主催「日本留学フェア」信男は「日中新時代、人材育成の場」を構築することを再確認

在上海日本国総領事館主催「日本留学フェア」信男は「日中新時代、人材の育成の場」を構築することを再確認

オープンキャンパス|信男教育学園上海連携校——上海高藤致遠創新学校

11月末のキャンパスは木々が紅葉し、とても美しいです。 いつの間にか秋が終わり、木枯らしが吹き荒れるようになってきました。 天気がいい日は、暖かな日差しが明るく照りつけ、厳しい寒さの冬に暖かさ添えてく …

大学進学校へ多数合格

近日、日本より朗報報があり、勉強しいる多く信男教育学園の卒業生が超一流大学に合格しています。卒業生の呉 * 恩さんと呉 * 君が、二人ともに一挙に超一流大学四校に同時合格です。おめでとうございます。そ …

日本文化教育連盟 jcef 主催の講演会を実施

4月22日(木)に第1回目の「講演会」をオンラインで実施いたしました。今回は、九州の福岡にあります柳川高校の理事長校長の古賀賢先生にご登壇頂き、これからの未来と留学の重要性をお話しいただきました。上海 …